2019年05月15日

microchip RN52 I/F回路の検討

(2)RN52のインターフェース基板の回路図とレイアウト
色々考えてArduino UNOの基板外形にしてみてはどうかという事で取り敢えず最低限必要なものは載せてみました.
回路図レイアウト
※UNOと共用できるのは電源(+5V,+3.3V,GND)とシリアル(TXD,RXD).
GPIOはデジタルのI/Oと接続はできますが機能的にUNOのI/Oを使う事はほぼないのかなと思います.
※青色LEDの制限抵抗の値は現状適当です(Vfにもよりますが数Ω〜数十Ω程度かと思います).
posted by voyager at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エレクトロニクス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185999468
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック