2009年12月25日

MBR修復

CF-18のHDDのスピンドルがほぼ突然不調になりました.
マルチブートの場合,大体Windowsを先にインストール,その後にLinux(私の場合はCentOS)をインストールすれば殆ど気にする事無くどちらのOSもブート出来る様に設定されます(GRUB).
HDDのクローニングをしましたが,元ドライブが不調なためWindowsの(修復を試みるも)完全復帰が出来ませんでした.仕方ないので上書きインストールをしましたが,MBRも勝手に更新されてしまいGRUBのメニューが表示されない事態に.
TrueImageからMBRだけ復帰させる事も可能かとは思いますが,HDDを取り出すのが手間(CF-18はHDDキャディーがあり,一手間かかる)なので何か方法は無いかと早速検索.
GrubとLilo
http://www.linc.or.jp/~takaaki/Family/takaaki/TechNotes/grub_lilo.shtml
という有り難いページに辿り着きました.このページの最下部『Grub緊急事態』を参考にしました.
・GRUBはインストール済みですので(当方の環境),/bootのパーティションを確認します.Windows(NTFS)の次でしたので,2番目.
(IDE0 プライマリ (hda))
・FD起動するGURBの起動ディスクを作成します.
 イメージ grub-0.97-i386-pc.ext2fs をダウンロードし,
 RawWrite for WindowsでイメージをFDに書き込む.
・CF-18はUSB外付けのFDDを使い,作成したFDから起動します.
・FDから起動した後,手入力
 grub> root (hd0,1)
 grub> setup (hd0)
で元に戻すことが出来ました.キャディーからHDDを取り外す事もせず,助かりました.めでたしめでたし.

ついでにGRUBのメニューも変更してみました(タイムアウト時間が短いので5->20秒に).
posted by voyager at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows